「YOSHINORI AOYAMA」

その有機的で独特のデザインと高い機能性が高次元で融合したブランド「FACTORY 900」

世界的な賞を数々受賞しているそのFACTORY 900のデザイナー青山嘉道氏が2023年に自身の名を冠して新たに立ち上げたブランドが「YOSHINORI AOYAMA」です。

あらゆる角度からみても隙のない美しさ、眼鏡の部品としての眼鏡フレームの役割が熟知されたデザインは、私たちのコンセプトに大変マッチしていると感じ、新たなブランドとして導入することになりました。

Concept:Ambivalence

「想像と破壊」

「未来と過去」

「調和と不調和」

相反する価値を持つアイウェア。

Designer:青山嘉道氏

1972年生まれ、福井県福井市出身。地元福井の漆器メーカーの営業職を経て、1999 年、実家の家業である育山眼鏡に入社。

入社後、鯖江市主催のデザイン講座SSID にてデザインを学ぶ。2001 年より自社ブランドFACTORY900 のデザインをスクート。

プランドの運営全般に携わる。2023年、自身のブランドYOSHINORI AOYAMA をスクートさせる。


 2004 EYEWEAR OF THE YEAR 受賞(東京)

 2013 SILMO D’OR サングラス部門受賞(バリ)

 2015 SILMO D’OR 審査員特別賞受賞(バリ)

 2016 A’DESIGN AWARD 受賞(イクリア)

 GERMAN DESIGN AWARD受賞(ドイツ)

 2018 LEXUS とのコラボレーションモデル発表

 2020 iF DESIGN AWARD 受賞(ドイツ)

 2023 ビヨンセのワールドツアーにて衣装として使用

 10月にYOSHINORI AOYAMA をローンチ

YA-001

 

 

¥79,200(税込)

YA-010

 

 

¥68,200(税込)

https://yoshinoriaoyama.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です