プリズムメガネに対する誤解【黒目の位置がズレる?】

最近「プリズムメガネ デメリット」で検索すると、当店が一番てっぺんに来るみたいです。

で、検索結果の記事を見ていて間違っているなぁ・・・と思う事も。

プラオプではプリズムメガネに対して「特別なもの」とは思っていませんし、必要性があるのであれば普通に作ります。

ただしそれが、お客様のメリットになる。つまりお困り事に直結していてメリットが上回り問題解決の手助けになる場合です。

両目の視線の位置が合わず、ずれた状態になる?

デメリットの中で・・・「両目の視線が合わず、ズレた状態になる・・・見た目の印象が変わってしまう・・・」という項目がありましたが、これは半分以上間違いです。

ようするにプリズムを入れることによって目がリラックスする方向に向いてしまうという意味なのでしょう。

確かにそうです。

でも、メガネ越しにはそうは映りません。

なぜなら、メガネの裏側では目線が真っ直ぐではないかもしれませんが、目線がメガネを通れば真っ直ぐ向くように曲がるわけで、相手の人にしてみれば黒目がちゃんと真っ直ぐ向いているように見えるからです。

相手からの見られ方は、「黒目の位置が変わって見える」のではなく「メガネの枠の中に見えるものがズレて見える」ので、視線は前を向いているように見えており言うほど違和感の無いものです。

そして「斜位」とは、視線がズレてしまっている状態の事ではなく、視線のズレを自分で無意識にずれない様に出来ている目です。基本的には多かれすくななれ、みーんな斜位があるものです。

「斜位=プリズム矯正」ではありません。

あくまで見ることの苦労が「斜位」によって引き起こされている場合に解決策の一つとして「プリズムメガネ」という方法があるのです。

つまり、苦労を手助けするメガネ。

この手助けは1m先で3cmとか、多くても10cm位(けっこう大きい部類です)のもので、仮に10cm動かすプリズムをいれたら黒目がどれだけ動くかといえば、片目で約1.25mmでしかありません。
3cmだったら片目で約0.38mmです。(多くの場合これ位のプリズム量で十分なケースばかりです。)

プリズムメガネをたくさん作ってきた経験から言って「掛けたら黒目の位置に違和感がある」ような見た目になることはほとんどありません。

あるとしたら、一定の方向の強いプリズムの場合に輪郭線の映りこみが大きくなる事です。また強い上下方向のプリズムの場合では目の高さが変わって見える事がありますが、基本的に人の顔は左右非対称で、元々目の高さが違う人などたくさんいます。

「斜視」(斜視と斜位は違います)といって、自分では視線を合わせる事が難しく、片目だけで見ていて、もう片目が違う方向をむいてしまっている状態の人が、プリズムメガネが上手く合い、両目の視線を合わせる事が出来ると、眼鏡越しに視線がキチンと同じ方向を向いているように見えるので、逆に「黒目の位置が正しく向いている」ように見えるのです。
これはデメリットではなく明らかにメリットです。

ちなみにスタッフ ナカムラは外斜位があってプリズムメガネを装用しておりますが、黒目の位置が変わって見えます?
全然違和感ないでしょう?

自撮りなので寄り目になってますけど。

遠近感が変わってしまう・・・

「遠近感が変わって違和感がでる」ことをデメリットというのか?

ちがいます。

何気ない生活のかなで人間は2つの目によって感じる「奥行き」という感覚を使っています。

「遠近感を正確につかめない」事が生活の色々な場面で問題になっているとする。

たとえば運転での距離感やスピード感が分からない、球技が苦手、よくぶつかる、よく物を落とすとか・・・

斜位によって正確に視線を合わせる事が難しく、この「奥行き」の感覚が曖昧なことがその人の問題であるならば、それを整える必要があります。

プリズムによる斜位の矯正はなにも「疲れ」のためだけのものではありません。

「両目の相互作用によって生まれる遠近感を整える」事こそが重要な役割なのです。

つまり「遠近感が変わる」のではなく「遠近感が感じられるようになり整う」ことによる今までの差を感じるのです。

どうでしょうか?それはよい方向への変化なのではないでしょうか?だとしたらこれはメリットですよね。

つまり「普通の遠近感を手に入れて順応するのに時間が必要」なのであって、これをデメリットというのはおかしいと思うのです。

「正しい情報」を得るのは難しいのかもしれない

専門家に取材してそれが記事になったり番組に取り上げられている内容は「取材した人の理解力」以上の情報は得られません。間違って解釈されていたらそのまま伝わってしまうものです。

皆さん目の個性は様々で、百人百通りの困りごとがあります。
それに対して「プリズムメガネ」がうまく問題を解決する事が出来るのならば、最適なプリズムメガネを用意できる技術があることって眼鏡士には当たり前のことで、なにも珍しいものであってはならないんだろうと僕は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です