トレーニングの効果【事例紹介】

こんばんは!プラオプ ハセガワです。

さて、以前「機械が弾き出したデータに騙されない為に。」という記事を書いたのですが、近視の強すぎる眼鏡と、機械のデータではとても強い近視度数がはじき出されてしまうという事例です。

昨日、その事例の「O様」がプラオプクリーナーのおかわりと、1ヶ月の経過を確認にいらっしゃいました。

測定当日、ピントを入れる方は比較的できても、長く近視の過矯正+乱視未矯正の眼鏡を掛けていたせいかピントを抜くのが苦手っぽい。無意識にピントをいれてしまうクセがある感じ。

ピント合わせの機能が崩れてしまっている事を「フリッパーレンズテスト」の結果が示していました。

おそらくピッタリ合った眼鏡であっても勝手にしなくても良いピント合わせをしてしまって遠くが「ボケる」ような感じになる事が予想され、実際出来上がりをお渡ししたら「遠くが見えにくい」という感想でした。

単純に眼鏡を整えただけではおそらく不十分なので、「フリッパーレンズトレーニング」をお勧めして毎日やっていただいたわけですが、

その結果には正直驚きました。

その前にフリッパーレンズとは・・・

こんな感じで一方は「ピントを余計に入れるレンズ」もう一方は「ピントを抜くレンズ」が付いていて、それを交互に見てピントが合ったらひっくり返す・・・という使い方をします。

測定の時は1分で16回(標準よりも弱い±1.50という度数で)という結果。コレは少し遅いですし、ピントを抜くほうの反応が特に遅い。

標準は1分で16回(±2.00という度数で)~24回以上です。

・・・

さて、一ヶ月頑張っていただいてどうなったか・・・

標準のレンズ(±2.00)で36回!!

とても早くなっています。

やはり「遠くはよく見える」
あと、
「今まで肩こりは無いと思っていたけど肩が軽くなった」「楽」と感じられているそうです!

フリッパーレンズは見ているものを一定の位置にキープしながらレンズを使ってピントを入れたり抜いたりしますが、これは目のピント合わせの筋肉に対する「ストレッチ」になります。

また、寄り目と離し眼のトレーニング、つまり近くを見るときの「両眼視」のトレーニングにもなるのです。

なので、今後は毎日でなくても、ちょっと近くを見続けたようなときにフリッパーレンズでストレッチをすれば、眼の疲労を和らげる事にも活用できます。

プラオプには4段階の度数のフリッパーレンズを常に用意しております。単に眼鏡だけではなく、その先にある「視覚」を整える事に繋がる部分までお手伝いしたいと思っております。

O様ありがとうございました!

良い視界を得られたのはO様の頑張りの成果です!!

また様子を聞かせてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です