UVカットレンズは劣化するのか?

こんにちは!プラオプ  ハセガワです。

最近の眼鏡関係のニュースで気になったことが・・・

「レンズのUVカットは劣化する」という話。

眼鏡のレンズの専門家としては「???」と思ってしまいました。

もしかしたら僕の知らない事実があるのかもしれない・・・

さて眼鏡レンズの紫外線カットはどんな仕組みでできているのか?

私たちが扱っている「視力補正を目的とした」レンズに限って言えば「レンズの素材そのものが紫外線を通さない」のです。

決して「コーティング」が施されているわけではありません。

レンズメーカーは沢山あって、中にはご存知の方も多いでしょう。

ツァイスとかニコンとか。

しかし、「レンズの素材」はレンズメーカーが作っているわけではなく、各レンズメーカーは素材メーカーから原料を仕入れています。

プラスチックレンズに関して言えば素材は「液体モノマー」

それをレンズメーカーは固めて削って磨いて・・・など様々な方法でレンズを作るわけです。

では素材メーカーはと言えばそんなに多くはありません。

プラスチックだと三井化学とか三菱ガス化学とか。

ガラスだとコーニングとか

なので「屈折率」など、素材の特性が同じであれば、レンズメーカーが違ってもレンズに使っている「プラスチック」「ガラス」は同じということです。

素材そのものが紫外線をカットするとはどういうことでしょう?

それは素材メーカーが作る素材そのものが、初めからそのように作られているということです。

現在「紫外線カット」は標準装備、カットしていないレンズの方が少なくて逆に高価だったり・・・

(昔、UVカットがオプションだった時はレンズを整形する前に液体のレンズ素材に紫外線カット材を混ぜ込んでから作っていたので特注になっていたのでした。)

なので、レンズの表面で紫外線を弾き返しているのではなく、厚みのあるレンズそのものが紫外線を通さないのです。

そう考えると「傷がついた所は紫外線カットしなくなる」というのは当店が扱うレンズに関して言えば「ウソ」ということです。

レンズは最も薄くても1mm以上の厚みがあります。紫外線のエネルギーが有害と言われていても、1mmの厚みもある物の素性を破壊してしまうほどのエネルギーがあるとは考えられません。なぜなら紫外線カットの素材は0.1mmでも紫外線をほぼ100%カットするからです。

僕の知り合いのメガネ屋さんが、そのことに関して大変詳しい記事を書いておりました。

長く使ったレンズが実際紫外線カット率がどれくらい低下しているのか?が実例を元に解説してくださってます。

サングラスが古くなると紫外線を通す??

13年ハードに使ったサングラスも紫外線透過率が0%・・・

ハートランドの丸山さん転載許可ありがとうございました!

ハートランドさんのように紫外線透過率がわかるレンズメーター(レンズの度数と中心がわかる機械)欲しい・・・

でも紫外線カットテスターは持ってますので、気になる方はお尋ねください。

ではでは!

“UVカットレンズは劣化するのか?” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です