メタルフレーム(金属製のフレーム)のカスタマイズ

こんばんは! プラオプ  ハセガワです。

なんと!アラレがふりました!

ああ、毎年の事ですが。着実に冬が近づいているようです。

眼鏡の改造。

セルフレーム(樹脂の枠)の鼻当ての改造はわりとポピュラーな事で、プラオプ でも他店様ご購入の眼鏡でのご依頼も含め結構やってます。

削って磨いて溶着して・・・手間はかかりますが基本お店でできます。

でも、気に入ったメタルフレームがあって、もっと掛けやすくなるように改造することは出来ないだろうか・・・

できます!!(できる場合もあります!!)

といってもお店ではできません。出来るんですけど手を掛けた跡がバッチリ残ってしまうので新品に手を入れるのはお店ではできません。

でもメガネフレームの聖地、福井の鯖江ならなんとかしてくれる!(してくれる場合もある!)

海外製のフレームの鼻当てパーツでは鼻の形に合うパットがつけられない・・・繊細な調整をしなければならない・・・最も合うパットを沢山の種類のなかから探したい・・・となると、普段私たちが扱い慣れている日本製のフレームと同じ構造にしたい・・・という事もあるのです。

下の写真は同じ「アン・ヴァレンタイン」のフレームですが、どこが違うかわかります??

元がこれ

これでも十分調整できます。

パットがはめ込み式で小さく、シンプルでスッキリしているのですが、はめ込み式のパットはあまり種類がなくて、大きいパットなどを付ける事ができません。

そしてこちらは・・・

鯖江に送ってパットアームごと交換しました!

もちろん簡単ではありません。職人さんにお願いして違うパーツを極小部分の溶接のうえ、全く見分けがつかない色をその部分だけに塗装。

まるで元からそうであったかのような仕上がりです。

そしてこれにより、肌触りのよさで評判の高い「ハイロンパット」をつける事ができました!

もちろん元の仕様で合わせられれば最高ですが、気に入った眼鏡を掛けられるようにするのもまた技術なんだろうと思っています。

気に入っているけど上手く掛からない・・・そんな眼鏡があって、あらゆる手段を使ってもいいのでしたら是非ご相談ください。

ちなみにこの改造費はお持ち込みの場合プラオプ 価格¥6,600円です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です