海外製フレームの改造

こんばんは!プラオプ  ハセガワです。

もう10月はおしまいで、明日から11月。

もうセーター着ようかな・・・という感じですが今日は暖か買った長岡市です。

さて、先日入荷したMade In USA:オールド・フォーカルズ。早速お嫁にいきました。

今日は「掛けたい眼鏡を掛けられるようにする」そんなお話を事例紹介します。

鼻の部分の改造

欧米の方は顔幅が狭く前後に長い。対して私たち日本人は顔幅が広く前後に短いそうです。

欧米人は眉毛の骨が出て目が引っ込んで眉と目の間が小さいです。私たち日本人は顔の凹凸が少ないです。

そして鼻の高さというか大きさがかなり違います。

当然ヨーロッパー製やアメリカ製は基本的にに生まれた土地の人に向けてデザインされているので、そのままでは私たち日本人に上手くかからない場合があります。

金属製のフレームの場合、鼻当てのアームを動かす事で上手くいく事が多いですが、セルフレームと言われる樹脂のものはそうはいきません。

この「オールドフォーカルズ」のようなデザインも欧米の男性だと「鼻当て」など必要なくてフレームがそのまま鼻にちょうどよく乗ってしまう。なので「アジアンフィット」なんて言って大きな鼻当てに初めから付け替えられているたとしても、そもそも幅が広すぎて鼻に乗らない・・・

そこにさらに大きな鼻当てを盛り付けるのは・・・うーん美しくない・・・

そんな場合、金属製のフレームと同じようなアームを取り付けるということをプラオプ はよくやってます。

そんな記事は今までも書いてきたとは思いますが、今日違うのは「鼻パット」

従来の「プラスチック製鼻パット」ではなく「金属製鼻パット」を採用したところ、クラシックなセルフレームの雰囲気を殺さず大変綺麗にまとまったので「おお!かっこいい!」となったのです。

それがこちら

元の状態と比べると・・・

お気に入りの「クラシック系セルフレーム」で鼻当てをなんとかしたい・・・でも雰囲気が変わるのがなぁ・・・とお考えの方。コレならどうでしょう?

色は金と銀があります。

僕的にはかなりカッコいいと思います。

しっかり鼻に合わせられるのでフィッティングもバッチリ!メガネも下がらないで掛かるので見え方もいいですしね!

レンズの渦を消す

度数がお強いと気になることの一つに「レンズの渦」があります。

これは眼鏡を斜めに見た時にレンズの側面がレンズの中で反射を繰り返す事で起きるのですが、このような色が濃くて厚みのあるセルフレームは渦を消す(完全ではないですが)事ができる場合があります。

渦消し前はこちら

こっちが渦消し後

レンズ側面の白い渦がかなり減っているのがわかると思います。

やり方は・・・うふふ・・・内緒・・・

今日お渡しできたのですが、目も大きさの変化も輪郭線のズレもあまり目立たず、位置もいい感じでとてもカッコよかったです!!

とても−10.00の度数が入っているようには見えません。

きちんと掛かる眼鏡を選ぶのも大事な事ですが、掛けたい眼鏡を諦めるのではなく、ちゃんと掛けられるようにするというのも技術なんだと思います。

そんなわけで、割となんでもしちゃう・・・そんなプラオプ でした。

 

4 thoughts on “海外製フレームの改造”

  1. こんにちは。
    実は質問があります。
    先日海外でメガネを作り、出来上がって来たものが、お写真のような鼻あてが低い、プラスチックの海外フレ-ムで作られたものです。
    やはり鼻のところが低すぎてさらにレンズが極厚なので、頬にあたる。。
    レンズは厚いのをただはめ込んだだけみたいな感じで、ガッカリしました。
    その旨をメガネ屋で伝え何とか
    鼻の部分を鼻あてをつけてもらってレンズも縁のところを削って貰うことに。
    数週間に引取りに行き、掛けて見ると鼻あてもついて、レンズも削られてる!と思いこれなら、と思ったのも束の間。。。メガネ屋でその時は大丈夫と思ったのですが、家に帰りよく見ると鼻あてのプラスチックであると思っていたところが、なんとシリコンのようなジェルのようなものがつけられていました。私は視力がかなり弱いので透明になっている鼻あての部分がまさかシリコンのようなものとは思っていなかったので本当に驚きでした。。
    さらにそのシリコン部分がピッタリ鼻のところで止まり、動かず、耳の部分も痛い…少しメガネ屋でかけた時は大丈夫で、分かりませんでした。何度も出向いてここまで来たと思ったのに。。お金も追加で払ったり。かなり高くついた割にショックでかける気にもならず。
    また再度メガネ屋に出向くのですが、所詮海外と日本の技術や、顔の構造が違うので、もうどうにもならないだろうと思い、疲れています。払い戻しもしないだろうし。レンズの部分も本当にがんばってギザギザに削った感じで、
    輪がさらに増え、目が前より小さく見えるようになってしまい、最悪です。
    既にこうなっているメガネは何とかなるものでしょうか??
    また、マシになるとしたら、だいたいいくら位かかりますか?

    まとまりのない、文章になってしまいました。。
    質問の方よろしくお願い致します。

    1. 小林様

      コメントありがとうございます。

      実際に眼鏡を拝見させていただかないと正確にはお答えできないのですが
      鼻当てを修正した場合、全体の再調整が必要になります。
      また、削ったレンズを戻すことはできないので、レンズを戻すとなると新しいレンズが必要になるかもしれません。

      鼻当て部分の改造はこの記事と同じような仕様で税込¥6600円で承っております。
      もしレンズが必要になる場合、今どの様なレンズが入っているのかを見せていただかなくてはなりませんので、
      申し訳ございませんがハッキリとは申し上げ難いです。

      よろしくお願いします。

  2. ご返信ありがとうございます。
    随分お返事が遅れてすみません。
    このご回答をどうやって見るのか分からず、偶然またサイトを見つけ私の質問とご返信を見つけた次第です。。
    そうなんですね、
    鼻の部分はこちらのメガネ屋さんで修正するとしたら、フレ-ムの鼻の部分に装着する部分が狭く金具をつけるスペースがないのでどうにもならないと現在のシリコンのようなものをかろうじて金具でつけたようです。。
    1度メ-ルが何かで写真で見ていただかないでしょうか?
    よければお店か?メ-ルアドレスがあれば一応そちらに送らせていただきたいのですが。、
    レンズはもうどうにもならないとしてもせめて鼻の金具とあてが何とかなれば、何とかかけられるようにはなるといいですが。。結構高額だったので、ただ眠っているだけではなんだかしんどいです。
    よろしくお願い致します。

    小林

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です