メガネを車の中に放置はいけません!【高温注意】

こんばんは!プラオプ ハセガワです。

連日暑い日々が続いておりますが、今度は台風が接近・・・

大水害もあって天候には本当に悩まされます・・・

さて、サングラスとか運転用とか、メガネが車に置きっぱなしにしていませんか??

実はそれ、ダメなんです。

今主流のプラスティクレンズは60度以上の熱で熱膨張を起こして形状が変化したり、クラックといって表面にヒビ割れを起こしてしまうのです。

なんかサングラスのレンズが外れやすくなったりとか、なんか見え方がすっきりしないとか、街燈や信号や車のヘッドライトから何本も線が見えるとか、なんかメガネが疲れるとか・・・。

それ、熱の影響かもしれません。

どんな風になるかと言うと・・・

これはお店にあったいらないレンズ。

うわぁ・・・

どうしてこうなったかというと・・・

炎天下の車のダッシュボードに置いておいたのです。

これ、「温度」でやられるのでダッシュボードの中に入っていてもダメです。

車庫に入って車内が暑くならないならいいのですが、お出かけして買い物中は炎天下に車は放置され、あっという間に車内は80度を近くまで暑くなります!

こうなってしまってはレンズを交換しなければなりません。

もし車内に放置しておきたいのでしたら「ガラスレンズ」という選択肢があります。

でも紫外線カットの機能は基本的にありませんし、軽いメガネに慣れていると重く感じてイヤだ・・・という方にはKodakの「パワーヒートプロテクト」という耐熱コートレンズがあります。

一組¥16,000からありますので運転用メガネにいいかもしれません。

でも基本は「車の中に放置しない」事ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です