超音波洗浄機に注意!

こんにちは!プラオプ ハセガワです!

さて、今日は10月01日で「メガネの日」だったのですよ!

そんなわけで、毎日頑張っているメガネ君を労わってあげましょう。

それでメガネ屋さんにいきまして「クリーニング」を依頼しますと、だいたいは「んびいいいいぃぃぃぃぃぃぃぃいいいいい・・・・」とかなり耳障りな機械「超音波洗浄機」に浸かってピカピカになって帰ってきます。

家庭にもあったらいつもメガネがピカピカになるだろう・・・

と、お思いになってしまいそうですが、実は・・・

超音波洗浄機はメガネにあまりよろしくないのです。

超音波洗浄機は、超音波で発生する衝撃波を使い汚れを掻き出すのですが、その衝撃波のエネルギーはかなり強力で、レンズの表面に施されているナノテクのコーティングにダメージがいきます。

メガネにとって超音波洗浄機の役割は手の届かないところに入っている汚れを掻き出す為ですので、決してレンズの表面を綺麗にするためではありません。

一本のメガネを毎日使うのでしたら、毎日肌着を着替えるようにメガネも毎日洗濯をしなければいけません。放っておいた汚れが細菌の繁殖を招き、肌にダメージを与えることがあります。

なので毎日お水ですすいで中性の食器用洗剤やメガネクリーナーを使いメガネ全体をお手入れしてください。

こまめにやっていれば、汚れは溜まりませんし実はその方がレンズのコーティングやフレームのネジを劣化させません。

毎日超音波洗浄にかけると、レンズのコーティングが本当に短期間に剥がれてしまいます。そうなると剥げた所はレンズの本来の反射が現れて拭いても取れない汚れのようになり、それがドンドン広がっていきます。

もうそうなったらレンズを交換するしか手はありません。

なので、超音波洗浄は本当に月に一回、ほんの15秒程度にとどめるべきです。

さらに、樹脂製のフレーム、セルフレームといわれるものは、超音波によって材質に含まれる架橋剤が分解され、柔軟性が無くなって艶が無くなってしまい、表面が白くカリカリになってしまいます。

天然素材を使っているフレームは場合によってバラバラのコナゴナになってしまう場合もあります。

なのでメガネの日に限らずに、毎日メガネをジャブジャブ洗いましょう!

あ、自然乾燥はだめですよ!洗ったらシッカリと水気を取ってくださいね!

プラオプクリーナーはまだありますか?お替りおまちしてますよー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です