がちゃめって?【不同視】

こんばんは!プラオプハセガワです。

左右の視力が大きく違う。これ「不同視」といいます。

「私、がちゃ目なんだー」なんて聞きますね。

視力が違う原因は、「左右の度数が違うから」

でも、どうして差があるのかといえば、大雑把に考えると2つ原因があります。

左右の目のレンズの、光を曲げる強さが違うから。

目には表面の黒め部分「角膜」と内蔵されているピント合わせレンズ「水晶体」が主に光をまげていますが、左右でその強さが違うと左右のピントに誤差が生まれます。

目の玉の大きさは一般的なのに、レンズの力の強弱が焦点のズレを起こしている状態を「屈折性」なんちゃらっていいます。

例えば「屈折性近視」とか「屈折性遠視」というように。

左右の目の大きさが違うから。

目のレンズの強さは一般的になのに、目の玉が普通よりも大きかったり、小さかったりすると、焦点がズレてしまいます。

これを「軸性」なんちゃらっていいます。例えば「軸性近視」とか「軸性遠視」ですね。

問題はなに?

メガネやコンタクトレンズで左右の視力をなるべく揃えることは、神経で繋がっている左右の目がバランスよく連動する助けになります。

例えば、近い距離を見るために働く「調節機能」

これは左右を別々に働かせる事は出来ません。連動して一緒に動いてしまうんです。

だから「左右の目が同じ仕事をする」ようにバランスを整える事は、目の持つ自然な状態に整えることになるので、基本的にはよい事です。

でも・・・

次回に続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です