オークリー・クロスリンクMNPの鼻当て改造

こんばんは!プラオプ ハセガワです。

オークリーのサングラスとメガネを2つ、計3つお持ちのE様

鼻当てが中々合わなくて、睫毛がレンズに触ったり、下がって掛かったりとお困りでした。

サングラスに付いては以前と同じ方法でカスタマイズ。

メガネは一本はサードパーティー製(純正ではない)で良い部品を見つけたので、それを取り寄せで対応。ただし、専用部品ではないので多少加工をして取り付けました。

ここまではいいとして、もう一本。

クロスリンクMNP

これは、左右一体型の鼻のパーツが4つほど付属するんですが、一番大きなものでも上手く合わない。

これはサードパーティー製の部品はさすがにないので、さて、どうしようか・・・

という事で、元の鼻当てにかぶせるような形の部品を作って接着してしまおうという作戦で行く事にしました。

まず、アセテート(樹脂製のメガネで使われる素材)の板を何枚か重ねたブロックを作製して、それを目指す形状に削っていきます。

シャチハタのスタンプ台のインクを鼻当てに塗って、部品を当てれば当たっている部分だけにインクが移ります。その部分を削っていけばいずれピッタリの形になる。そんな事を繰り返し、元の鼻当てにピッタリとはまる形を作りました。

左右対称に作るのが難しい!

キレイに磨いたら接着しますが、元の部品をなるべく痛めたくないので、紫外線硬化タイプの接着剤を使って接着しました。

本日お渡しが出来たのですが、うん、睫毛当たらない、高さもちゃんと出てる。

そんなわけで、完全に0からパーツを起こしてカスタマイズした、そんなお正月の事例紹介でした!

E様、遠いところから足を運んでいただきありがとうございました! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です