開店記念日!

こんばんは! プラオプ  ハセガワです。

2018年3月1日にプラオプ はオープンいたしました。

丸3年、そして4年目に突入です!

ご利用してくださったお客様をはじめ、お取引業者様、先輩や仲間のみなさんのお陰です!!
本当にありがとうございます!

私たちは「視覚を整える」をコンセプトにしております。

眼鏡がこの世に存在する理由は「視覚」を助けるためで、もし人類にそういった問題がないとしたら存在していない道具なわけです。

だからメガネを「売る」という事には違和感があって眼鏡は人に合わせて「作る」ものであると思っています。

個人個人で目の特徴、視覚の問題は全く違いますし生活環境も全く違います。

快適な「視覚」は快適な人生に直接結びつくものです。だから時間をかけてお話を伺い、時間をかけて問題を探り出し、時間をかけて解決策を提案する事が「眼鏡店」の本来あるべき姿だと思ってプライオリティ・オプティシャンズを作ったのです。

3年でプラオプ は随分と変わりました。

「両眼視」という2つの目の協調によって生まれる空間を感じる感覚を探るために、より自然に見えるように配慮した開店当初よりの基本装備である基準に基づいた6mの測定室とキモである「ZEISS Visuscreen」というドイツ式検査では必須の視力表と検査用フレーム「OCULUS UB-4」

普通の測定では不明だった明るさの差による見えかたの変化や、個人個人で異なる「ハッキリさ」の差などを分析してレンズ設計に活かせるようになった波面収差測定装置「ZEISS i.Profiler+」と「ZEISS i.Scription」の導入

近くを見続ける事で起きるピント合わせの負担を可視化して、疲れや見え方の変化の可能性を考える事ができる調節機能測定装置「NIDEK AA-2」の導入

眼鏡の仕上がりをより美しくするために入れ替えたレンズ加工機「NIDEK LEXCE Trend8」

そして先月、開店当初より念願だった正しい姿勢で、正確なデータを取るための測定専用椅子「ZEISS CUBE ONE」

フレームの取り扱いブランドもたくさん増えて、様々な提案ができるようになりました。

レンズのサンプルやテストレンズも積極的も揃えていったことで様々な機能のレンズを試していただく事ができます。

いろんな小道具を用意してみたり、内装がチョコチョコ変わったり、植物が増えたり・・・

でもまだまだやりたいことは一杯あるし、進化してゆく「視覚を整える」方法をどんどん取り入れて沢山の方のお役に立てる眼鏡店、眼鏡士でありたいと思います。

どうぞみなさま、今後ともよろしくお願いいたします!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です