FACTORY900 RETRO 始めました!

こんばんは!プラオプ  ハセガワです。

桜も満開になりそうな長岡市。4月は新作の発表会があったりして、色々と楽しみな月でございます。

そんなプラオプ ですが実はこの春から新しく2ブランドを加えることになりました!!

その第一弾が早くも到着いたしましたので早速お披露目!

それが「FACTORY900 RETRO」です。

福井は鯖江でプラスチックフレームを一貫生産する町工場「青山眼鏡」

デザイナー「青山嘉道氏」がアセテートという素材の良さも悪さも知り尽くして生み出す3次元アートのようなオリジナルフレームは「青山眼鏡」でしか作れない唯一無二の造形を持ち、国内のみならず世界的にも高く評価されています。

そんな青山眼鏡のファクトリーブランド「FACTORY900」のなかから、「もし半世紀前に自分たちが存在していたら、どんなメガネをつくっていただろうか?」という発想で生まれたのが「FACTORY900 RETRO」です。

クラシックがトレンドになっている今、それを無視する訳にはいかない。でも、どうせやるなら似ているものは扱いたくない。

そんな思いにリンクしたのがこの「FACTORY900 RETRO」でした。

まずは2型入荷してましりましたのでご紹介します!

RF-017

43□24-150
¥41,800

RF-043 

48□22-140
¥44,000

肉厚でゴツい!でも、鼻当てはチタン製で調整ができ、蝶番の部分には独自のバネ機構が仕組まれており、掛け心地が大変良いです。

そして顔に合わせた細かい調整も可能な構造になっています。

ゴツセルフレームをお探しのあなた!コレしかないでしょう!!

順次入荷して参りますのでお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です