メガネのサイズについて(補足)

こんばんは!プラオプ ハセガワです。

昨日はメガネの「サイズ」のお話だったのですが、ちょっと補足を・・・

昨日のお話はこちら

メガネの「サイズ」を復習しましょう

の中で、「サイズ」と言われる「レンズの横幅」じゃなくて「レンズの横幅+レンズの間の距離」が大事よ!でもデザインによるから試着してね!と言いましたが、「レンズの横幅+レンズの間の距離」が何を表しているのか??

眼鏡屋目線だといつもの事でも、ちょっと???と思った方も多かったかもしれません。

このカラクリは・・・

左右のレンズの中心間の距離と同じ意味だからです。

レンズの横幅の半分真ん中の隙間レンズの横幅の半分レンズの真ん中から真ん中の距離

なので

(レンズの横幅の半分レンズの横幅の半分)真ん中の隙間レンズの真ん中から真ん中の距離

つまり

(レンズの横幅真ん中の隙間レンズの真ん中から真ん中の距離

です。

これを僕たちはFlame Pupil Distance:FPDとよんでおります。

これがお客様の瞳の間の距離Pupil Distance:PDと比べてどんな関係があるのか?をフレーム選びの目安にするのです。

昨日の記事での僕の写真、どっちがバランスよく見えましたでしょうか?

もかっかい貼っときます。 

こっちのメガネのFPDは69mm

こっちは63mm

僕のPDは60mmです。

上のVioRouは僕には大きすぎる感じがしますが、下のomodokはなんかピッタリに見えます。

でも両方とも「サイズ」は45。

でもFPDが6mm違うのです。

「数字にこだわりすぎるともっといい何かを見落とすよ」と重ねて申し上げますが、メガネフレームのデータとして2つの数字の合計にはこんな意味があるのですよという補足でした!

こんどこそおしまい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です