メガネの「サイズ」を復習しましょう

こんばんは! プラオプ  ハセガワです。

眼鏡にはサイズがあります。

知っている方も多いでしょう。

といっても洋服みたいにS、M、Lみたいな表記じゃなくて「45」とか「48」とか「53」とかの数字です。

こんな感じでフレームに書いてあります。(書いていないものもあります。)

45□18−125

これ、なんの数字でしょう?

答えは・・・

45がレンズの横幅、18がレンズとレンズの間の距離、125が腕の長さです。

よく「サイズ」「サイズ」というのは最初の数字、これだと「45」を指して「サイズ」と呼んでいるのですが、自分の顔にちょうどいいこの「サイズ」を知っていると、眼鏡選びは簡単になります。

なんちゃって、ウソです。

下の写真をみてください。

この2つ同じ「サイズ」です。

そう、「レンズのサイズ」は一緒、ところが眼鏡全体の大きさは全然ちがいますよね。
だから掛けてみれば当然こうなります。

うん大きさが全然違う。

では何が違うのでしょか?というとブリッジサイズ、つまりレンズとレンズの間を繋ぐ「橋」のような部分、さっきの数字でいったら「18」の部分。

なのでブリッジサイズが全然違うというわけです。

なので、もしサイズを気にするとしたら、レンズサイズ+ブリッジサイズを足した値が大事です。

でも、デザインによっても感じは大きく変わるので、結局は「試着をしてなんぼだよ」なのです。

「でも、メガネの試着は鏡を見ても見えないんだよ!!」

はい、全くその通りです。

ところが皆さん懐にいいものを持っていませんか?スマホという万能ガジェットを・・・

プラオプ は撮影全然OKなのでバシャバシャ写真をとって試着してください!!
むしろお手伝いしますし、いつも提案する時は写真をとって見比べていただいております。

サイズは参考になりますが、それにこだわりすぎるのは良くないです。本当はもっといい何かを見落としてしまいかねません。

おしまい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です