【解説ページ】視力について【追加しました】

こんにちは!プラオプ ハセガワです。

「視力」について解説してみました!

メガネやコンタクトで何を合わせるのか?

それは「視力」でしょうか?

たとえば普通運転免許は0.7の視力がなければなりませんが運転用メガネを0.7に合せるでしょうか?むしろ遠くが良く見えるように合せることで運転はしやすく安全運転につながるのではないでしょうか?そして目を凝らしてしまうより、そのほうが楽に運転ができるはず。

つまり、環境に合せた快適な見え方を合せる。それがメガネやコンタクトの役割なんだと思います。

よく、コンタクトがメインでそのときの視力は1.0を上回るのに、メガネは「運転が出来るギリギリの0.7に合せた」かなり弱い状態に合わされて使いにくい・・・とおっしゃる方がいらっしゃいます。

確かにメガネはコンタクトよりも視界が歪んで見える傾向があります。しかし視界の歪みは慣れますが、視力は慣れても上がりません。

そしてコンタクトがメインの方ほど良く見える事が自分の普通になっている方が多く、見えないメガネが逆に疲労につながっている事も多いようです。

感受性は人それぞれ、予測やセオリーに縛られずに個人個人に合せた対応が大切だと僕は思います。

視力とは

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です