偏光+調光:ドライブウェアレンズ!

こんばんは!プラオプ ハセガワです。

「偏光レンズ」

釣りなどのシーンではとても有名なレンズですが、これ、「反射光」を狙い撃ちして打ち消すレンズです。

こんな感じで。

対向車のガラスの反射が消え、なかで鼻歌を歌っているナカムラさんがよく見えますし、後ろの駐車場のアスファルトの反射が消えクッキリ見えて眩しくありません。

視界のギラギラがおさえられ、景色も色鮮やかですね。

そして「調光レンズ」

これは紫外線の量に反応し色が濃くなったり薄くなったりするレンズです。

こんな感じで

条件さえ良ければ(温度が低く、紫外線が多い)目が透けて見えない位まで色が変わります。

でも、紫外線が無いと色が変わりませんので、車の中のようにガラスが紫外線カットになっていると眩しいんだけどあまり色が付かなくて、サングラス効果が出ません・・・

そこで、「可視光線」つまり、紫外線ではなく眼に見える光そのものに反応するタイプの「調光レンズ」も出てきました!

その名も「トランジションズ・エクストラクティブ」

なのですが・・・

今回ご来店いただいたA様は、ドライビング用のサングラスをご希望でした。

ドライブは、晴天や曇天や雨天などの天気の変化、朝方と昼間と夕暮れなどの時間の変化、などで快適な見え方はかわります。

余計な視界のギラツキを無くし、かつ、環境に合わせてレンズの色が変化したらいいと思いません?

そんなレンズ・・・

あるんです!

それが「ヤンガーオプティクス」から出ております「ドライブウェアー」レンズ

これは「偏光レンズ+可視光線調光:エクストラクティブ」そして、環境の変化に合わせたレンズカラーで3原色がクッキリ見え、コントラストが上がることで視認性をアップするというまさにドライブ用サングラスレンズの決定版です。

調光機能はこんなかんじ。

偏光機能はこんな感じ

おおーすごい・・・

そんな運転の快適さのために開発された全部モリモリサングラス用レンズでございます!

お値段はちょっとお高く・・・プラオプ価格¥52,000(税抜:2枚一組)でございます。

欠点は、薄型レンズが無いのでレンズが厚くなる事くらいでしょうか。

そんなわけでA様のお持ちのフレームに、新しく両眼視を整えた度数でサングラスレンズの入れ替えをこのドライブウェアーでお作りさせていただきました!

距離感やスピード感が掴みやすく、かつ視界の眩しさが抑えられクリアに見える・・・

なんてステキな・・・

で、こういったレンズの性能を十分に発揮させるには、レンズの加工が肝でして、レンズがフレームに締め付けられてしまうとレンズが歪んで性能が落ちてしまうのです。

だから、手作業でギリギリまで削ります。

今回は丸メガネなので普通に合わせると、グリッと手で回ってしまいます。

そこで、魔法の道具を使ってレンズが動いたり外れないで、かつ、レンズが歪まないように仕上げてあります。

見えない部分にこそ手間が掛かっているのでございます。

S様このたびはありがとうございました!

使用感を是非教えてください!

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です