予約枠、2時間っていったい何をするの?⑦

こんばんは ナカムラです。

前回で測定が終わり、今度は私にバトンタッチ。
いよいよメガネフレーム選びが始まります!
さぁさぁ楽しんで選んでいきましょう〜〜!

・・・・と、なりますが、その前に。
メガネのメインはあくまでも、レンズ。
思い切ったことを言ってしまえば、
メガネフレームはメガネレンズを目の正しい位置に固定する部品でしかありません。



で す が ! ! !

メガネフレームは顔の真ん中に掛かります。
一番目立ちますね。

せっかく良いメガネができたとしても、
メガネを好きになっていただかなければ、
もしかしたら掛けてくださらないかもしれない・・・
それではお困りごとを結局解決できない事になってしまいます。

だから、お気に入りを見つけて好きになってもらう、
「掛けたい!」と思える眼鏡に出会う!
だから、フレームのデザインというのは大事な機能なのです。



じゃあ具体的には何するの? となりますね・・

とりあえず、先に伺うのは、

「メガネの何に重点を置くか?」
「人からどう見られたいか?」

です。

・とにかく軽いメガネが欲しい、
・(近視の度数なので)目が小さくなるのをなるべく抑えたい
・自分にちゃんと合った、おしゃれなメガネを掛けこなしたい、
・(強面だから)穏やかな雰囲気にしたい、
・場面に合わせてメガネを掛けかえたい
・メガネを楽しみたい!!!!

などなど、理由は人によってさまざまです。

そのご要望にもお答えしつつ、且つ、客観的にみて似合うものを
どんどん提案していきます。
これ似合うだろうな、というものを何本かご用意し見ていただきます。



そしてほぼほぼ、私がチョイスしたメガネフレームを見てお客様はびっくりします。

「それ、私に本当に似合うの?」
「なぜこの形(もしくは色)なの?」

顔型、肌の色、服装などを見た上で、
こういうメガネフレームを合わせるとトータルでビシッと決まるだろうな、
という純粋な気持ちで思ったからです。(掛けてみないとわかりませんが!)

自分が掛けていたメガネのイメージがくっついていて、
今までと同じようなデザインのフレームを選んでしまいがち。

新しいメガネってやっぱり「違和感」はあるのです。

でもそれは「似合っていない」わけではないのです。

初めて会う人にしてみれば、今までどんなメガネを掛けていたかというのは知らないわけで、まっさらな先入観のない客観的な視点でないと本当に似合っているのかって実はわからないかもしれません。

実際にお客様の声でよく耳にするのは「似合うメガネがわからない」「何を選んでいいのかわからない」というお声、だから「じゃんじゃん教えて欲しい!」と言われることが本当に多いです。

プラオプは「お好きなものをどうぞー!」というお店ではありません。

「これ!似合うと思う!」っていうのをじゃんじゃんお見せするスタイルです。

もちろんただ自分の感覚だけで選んでいるのではなくて、
なんでコレが似合うのか?っていう理論にも基づきます。

このメガネ選びだけで、そこそこ時間を要する方もいらっしゃいます。
日をまたぐこともあります。

・・・・検査で、1時間25分経過しております。

が、コレばっかりは時間がわかりません!
人それぞれ、じっくり選んだり即決したり。

よし、フレーム決定! コレで当店でメガネを作る過程は終わりか〜?
と思いきや。

いえいえまだあります。もう少しお付き合いくださいまし。
ここからも大事な工程があります。

次に続く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です